江戸時代の中頃、名物評判記という情報誌が次から次へと出版された。
それはしかつめらしい学者先生から小説家、役者、遊女、町娘、さらに虫、魚、瓜にいたるまでありとあらゆるものを評判した。
著者はこの第一級の風俗資料によって、当時の流行の最先端と人々の旺盛な好奇心、活発な批評精神を明らかにし、江戸の面白さを縦横に描き出す。(カバー文より抜粋)

著者:中野 三敏 (著)
発行所:岩波書店

江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内

▼状態
1993年7月第1刷発行。天にヤケ・少シミ、少イタミがございます。本文中に目立ったイタミはなく概ね良好な状態です。帯付きです。(定価:1500円)
商品番号:b1911083-4

¥300(税込・送料込み)

この商品のご購入はこちらから

関連商品

自閉症のすべてがわかる本

自閉症のすべてがわかる本

「自閉症のすべてがわかる本」定価: ¥ 1,540 表紙…

社会不安障害のすべてがわかる本

社会不安障害のすべてがわかる本

「社会不安障害のすべてがわかる本 イラスト版」貝谷久宣定…

本日「いいかげん」日和

本日「いいかげん」日和:そのまんま楽しく生きる一日一話

「本日「いいかげん」日和 そのまんま楽しく生きる一日一話…

発達障害の豊かな世界

発達障害の豊かな世界

「発達障害の豊かな世界」杉山登志郎定価: ¥ 2,090…

気分をリセットする100の言葉

「もう、いやだ」というときに ―― 気分をリセットする100の言葉

「「もう、いやだ」というときに–気分をリセッ…