江戸時代の中頃、名物評判記という情報誌が次から次へと出版された。
それはしかつめらしい学者先生から小説家、役者、遊女、町娘、さらに虫、魚、瓜にいたるまでありとあらゆるものを評判した。
著者はこの第一級の風俗資料によって、当時の流行の最先端と人々の旺盛な好奇心、活発な批評精神を明らかにし、江戸の面白さを縦横に描き出す。(カバー文より抜粋)

著者:中野 三敏 (著)
発行所:岩波書店

江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内江戸名物評判記案内

▼状態
1993年7月第1刷発行。天にヤケ・少シミ、少イタミがございます。本文中に目立ったイタミはなく概ね良好な状態です。帯付きです。(定価:1500円)
商品番号:b1911083-4

¥300(税込・送料込み)

この商品のご購入はこちらから

関連商品

ADHD 注意欠陥・多動性障害の本

ADHD 注意欠陥・多動性障害の本

「ADHD注意欠陥・多動性障害の本 じょうずなつきあい方…

職業外伝

職業外伝

この国には、絶滅寸前の職業がこんなにあるんです。飴細工師…

江戸名物評判記案内

[特装版] 江戸名物評判記案内 岩波新書の江戸時代

江戸時代の中頃、名物評判記という情報誌が次から次へと出版…

沿線格差

沿線格差 ~ 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿

ブランドタウン充実路線から、酒盛り列車と呼ばれる路線まで…

中年の新たなる物語 ~動物学、医学、進化学からのアプローチ

中年の新たなる物語 ~動物学、医学、進化学からのアプローチ

中年とは? 中年時代とは?比較解剖学、生理学の専門家であ…