よく耳にはするけれど、一度として見たことのないものたち、
あります。
堪忍袋の緒、転ばぬ先の杖、左うちわ、舌鼓、
あります。
巻末には、赤瀬川源平氏書き下ろしエッセイ
『とりあえずビールでいいのか』
あります。
(カバー文より抜粋)

著者:クラフト・エヴィング商會 (著)
発行所:筑摩書房

ないもの、ありますないもの、ありますないもの、ありますないもの、ありますないもの、あります

▼状態

2001年12月初版第1刷発行。小イタミ、天に僅かにシミがございます。本文中に目立ったイタミはなく概ね良好な状態です。(定価:1,400円+税)
商品番号:g1910012-2

¥500(税込・送料込み)

この商品のご購入はこちらから

関連商品

12歳からの読書案内 海外作品

12歳からの読書案内 海外作品

若者たちが愛読しているYAセレクト海外の名作100冊。十…

語り伝えよ、子どもたちに ~ホロコーストを知る

語り伝えよ、子どもたちに ~ ホロコーストを知る

目次より(抜粋)・日本の読者へのメッセージ・語り、伝える…

10分で読める伝記 1年生

10分で読める伝記 1年生

10人の伝記が紹介されています。ヘレン・ケラー、ファーブ…

こころの旅

こころの旅

人のこころのたどるはるかな旅路には、たちむかわなければな…

フランスの大学生

フランスの大学生

仏留学生活を瑞々しい感受性で描いた著者のデビュー作。(表…