長さ、重さ、量、距離、時間・・・
さまざまなものを「はかる」ことから日本を見てみると、そこには昔の日本人の合理的な知恵と工夫が詰まっていました。
からだ感覚から生まれたという尺貫法は、日本人の大きさを基準に決められ、使いやすさを考慮し変化を遂げていったといいます。
どこかおおらかで日本人の感覚になじみやすい「ニッポンのサイズ」。
現代では失われつつある伝統的な単位の魅力をあらためて教えてくれる1冊です。

著者:石川 英輔 (著)
発行所:淡交社

ニッポンのサイズニッポンのサイズニッポンのサイズニッポンのサイズニッポンのサイズ

▼状態
2003年11月第3版発行。カバーにフチヨレ・角少イタミがございます。本文中に目立ったイタミはなく概ね良好な状態です。帯付きです。(定価:1,500円+税)
商品番号:b1912092-2

この商品のご購入はこちらから

関連商品

12歳からの読書案内 海外作品

12歳からの読書案内 海外作品

若者たちが愛読しているYAセレクト海外の名作100冊。十…

語り伝えよ、子どもたちに ~ホロコーストを知る

語り伝えよ、子どもたちに ~ ホロコーストを知る

目次より(抜粋)・日本の読者へのメッセージ・語り、伝える…

10分で読める伝記 1年生

10分で読める伝記 1年生

10人の伝記が紹介されています。ヘレン・ケラー、ファーブ…

こころの旅

こころの旅

人のこころのたどるはるかな旅路には、たちむかわなければな…

フランスの大学生

フランスの大学生

仏留学生活を瑞々しい感受性で描いた著者のデビュー作。(表…

或る男の雑感

或る男の雑感

小説家であり画家である武者小路実篤の随筆集。装幀も著者に…

三島由紀夫と司馬遼太郎

三島由紀夫と司馬遼太郎 「美しい日本」をめぐる激突 (新潮選書)

戦後の文学史、思想史における最大の対立を初めて浮き彫りに…

珍しい日記

珍しい日記

そして渋谷は、文化村になった。世界初、門外不出のドイツの…

ないもの、あります

ないもの、あります

よく耳にはするけれど、一度として見たことのないものたち、…

一生、女の子

一生、女の子

楽しむことを忘れたらあかん、とくに女は。恋も仕事も戦争も…